一句一遊「海猫渡る」

一句一遊「海猫渡る」
南海放送
夏井いつき先生選
3月3日(金)放送


20170306-1.jpg
(写真は横浜。ゆりかもめでしょうか。レンズに汚れがありました)



下町おたまの一句は震災のイメージでしょうね。
◇海底に残れる瓦礫海猫渡る  下町・おたま
あの海の底には瓦礫がひのまま沈んでいるよと。そして海猫は子どもを育てるために島へ渡っていくよと。生と死が交錯いたします。
(落書き俳句ノートより記載ママ。いつもありがとうございます)




3月3日も電話がかかってきて、またラジオがオンタイムでは聴けませんでした。
そこへ、お友達からお知らせのLINEが。
お昼休みに聴きました。
ほんと、このradikoのサービスって便利。
問題は、過去の放送は1回聞いたら三時間しか再生できないことですね。
1週間とか、せめて1日とか・・・、再生できる時間がもう少し長いといいのに・・・。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する