梅日和

足取りは五七五拍子梅日和  おたま(2016年作)


この句、自分の句ながらとても好きで、組長なら分かってくれるかも?と28年度のNHK俳句大会に投句。
3句投句のうち、唯一予選通過しなかった「梅日和」の句。
組長に分かって頂きたくても予選通過しなければ何の意味もないということがわかりました。

それならばと、組長にダイレクトに投句することを考えました。
大阪テレビ「俳句クラブ」は予選なしだと考え、この「梅日和」と「クリスマス」を投句。
「クリスマス」が有り難い結果となり、結局、この「梅日和」は日の目を見ることもなく・・・。
だからといって捨てることが出来ず・・・、ブログにUPしすることにいたします。


20170215-1.jpg


五七五拍子で歩くことを実際に試してみました。
これは、なかなか難しいですね。
でもね、紅梅から始めた俳句生活。
梅の季節になると、俳句を詠もう! 俳句を頑張ろう!!って、ウキウキワクワクになるんです。
歩きながら俳句詠む時、指を折るんです。
そんな時の句です。




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する