平成28年度(第18回) NHK全国短歌大会

22日、稀勢の里の優勝が決まって、興奮がさめないままテレビはニュースになった。
NHK短歌大会のことが話題のひとつに。
短歌の大会は土曜日開催なのかと、ニュースに耳を傾ける・・・。
大賞のお一人の歌が紹介された。


甘やかで切ない風もあることを人工知能は知るのだろうか  おのめぐみさん


小説を書く人工知能の存在を知ったことがきっかけで生まれた作品だと言うことだった。

この歌を聞いて、心がほんのり温かくなった。
こんなにも優しい表現が出来ること、人工知能に温かい血が通う時が来るのではとさえ思ってしまった。

そして、こんな優しい目を持って俳句で詠みたい・・・。
そんなことを考えた・・・。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する