筑波吟行③

大御堂を出て、筑波山神社入り口のバス停まで戻ります。
そこから、つくば道に入ります。
吟行ご案内の係の方が、山を登るのは大変だからと下るコースを設定して下さいました。
「ここからは、急坂だから靴紐を締め直して!」
「はい!!」
ついてくのにやっとです。


20161210-2.jpg



筑波の蜜柑で、「福来(ふくれ)」という品種の小さな蜜柑が丁度、収穫時期でした。
皮は、乾燥させて七味唐辛子の一味になるそうです。

お庭で作業されている方に、ご挨拶して過ぎようとしたらこの福来蜜柑をいただきました。
四国お遍路なら、お接待という所でしょうか。
このお気持ちに感謝!!


20161210-1.jpg


きんかん・福来・夏蜜柑・柚子、色々な柑橘系の木がどの家にもありました。

石榴・枇杷の花・山茶花・烏瓜・・・。
季語オンパレードの道でした。


20161210-3.jpg


「つくば道」は、江戸時代からの筑波山神社への参道となっています。
その参道沿いに建つ旧郵便局舎(昭和初期建築)。
今は、使われていない郵便局。
時々イベントなどでオープンするらしいです・・・。


20161210-4.jpg


つくば道の一の鳥居。
今回は、下りでしたので、つくば道のゴールはここになりました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する