湯島天神 菊まつり

11月12日(土)、結社の句会の日。
句会場近くの湯島天神で菊まつり開催中なので、お誘いして数名で菊まつりへ。
地下鉄湯島駅を出て、女坂か男坂のどちらかの坂から天神へ向かいます。


20161116-1.jpg
(女坂/ゆるやかな三十三段)


20161116-2.jpg
(男坂/急な三十八段)


写真を撮ったのは、時間が早かったので人がおりませんが、菊まつりと七五三と結婚式で徐々に混んできました。


20161116-4.jpg


20161116-3.jpg


20161116-5.jpg


菊鉢や咲きも咲いたる二百輪   正岡子規



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

一斉に頭もたげて菊日和

こんばんは~、。

今日の紗希先生句会のrésuméの例句に、秋櫻子の
「猿飴の湯島の宮の七五三」という句があったけど、
飴が有名なのでしょうか。

2016/11/17 (Thu) 20:37 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
子の袖へ色香添えたる菊細工

みのさま、お早うございます。

> 今日の紗希先生句会のrésuméの例句に、秋櫻子の
> 「猿飴の湯島の宮の七五三」という句があったけど、
> 飴が有名なのでしょうか。

この紗希ちゃんの句会、魅力ですね。
こんな勉強の出来る場があって羨ましい。

猿飴という飴屋さん(?)は、明治頃にはあったみたい。
今は、まったく名残もないですね。


保さんの記憶している家は麟祥院前の猿飴の横町であったそうである。
森鴎外『渋江抽斎』


麟祥院前の大通りに当り上野公園に至る通路なれば、頗る繁華なり。南部に猿が飴袋を携へ、台木にかがめる看板を置ける商店あり、猿飴として名高い。
『新選東京名所図会』(明治40年刊)


麟祥院は、徳川家光の乳母として知られる春日局の菩提寺。
今度は、こちらへも行ってみようかしら。

2016/11/18 (Fri) 07:01 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する