伊集院静『ノボさん』を読んでます

10月に、伊集院静の『ノボさん』買いました。
11月になってやっと読み始めました。
まだ、読み始めたばかりですが、子規って誰にでも愛される性格だったのですね。

ビックリなのが、先日ブログに書いた牡丹灯籠の三遊亭圓朝の落語を直に正岡子規が聞いていること。
同じ時代を生きていたとは。。。
この時という縦の軸と、地域という横の軸が重なると、また、ふらふら歩くのが楽しくなりそう♪

今は、向島で『七草集』を作成しているあたり。
当分、この『ノボさん』楽しむことに致します。


追伸
伊集院静様、秋の紫綬褒章おめでとうございます。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

青空の古本まつり鷹渡る

おはようございます。

ノボさんは池袋のB・OFFで200円で買ってあります。読んでませんが。

きょうは曇ってますが、本当に晴れるんでしょうか、オオタカさん。。。
雨でなかったら10時過ぎぐらいからえさ箱つついています。

2016/11/05 (Sat) 08:41 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
4句欄 巻頭次席 おめでとう~

こんばんは。

結社の俳誌で 素晴らしい結果 おめでとうございます。
やっぱり ベスト10とか20のコーナーがあるのかな?

清子様は 色々 挑戦してるから たいへんだと思うけど 母体?
結社でも コツコツがんばって スゴイなぁ。。とか思います。

私の母体は「南風・くの会」なんだけど この春から 津川先生の[手の会」の
参加で 先輩というより。。お仲間が増えました。それでも お話を
聞いていたら どこかの結社からの引っ越し。。って方もおられて
やっぱり 結社では 華子の俳句歴は浅すぎる。俳句歴長い人から 学ぶコトは
たくさんあります。俳句との付き合い方。。貴重な経験を聞かせて貰ってます。

地下街とハイヒールの音の組み合わせが 良いと思いました。涼しいの季語。
地下街。。。地下道は どうだろう?イメージが暗くなるかな?

私も 俳誌ベスト20を目指し コツコツ 進んでいきます!!
巻頭とか そのあたりは 怖いなぁ。。。なんせ くの会の先輩達は
ヤイヤイ プレッシャー掛けてきますから(笑)

2016/11/05 (Sat) 21:32 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
秋惜しむ青空にゐて古書の市

こんにちは。
昨日は、お疲れ様でした。

とてもよい天気でしたね。
長話しないで、東御苑まで頑張って行けばよかったかも?ですね。

2016/11/06 (Sun) 11:47 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
ありがとうございます。

華子さん、こんにちは。


> 結社の俳誌で 素晴らしい結果 おめでとうございます。
> やっぱり ベスト10とか20のコーナーがあるのかな?

ありがとうございます。
自分でも、びっくりぽんな結果です。
ベスト10とかベスト20というコーナーはないですね。
4句→3句→2句→1句と並ぶだけです。


> 清子様は 色々 挑戦してるから たいへんだと思うけど 母体?
> 結社でも コツコツがんばって スゴイなぁ。。とか思います。
> やっぱり 結社では 華子の俳句歴は浅すぎる。俳句歴長い人から 学ぶコトは
> たくさんあります。俳句との付き合い方。。貴重な経験を聞かせて貰ってます。

華子さんは、たくさんの句会に参加されて先輩にもまれて羨ましい環境です。
清子には、投句しか俳句を試す場所がないので、ここで頑張るしかないですね。


> 地下街とハイヒールの音の組み合わせが 良いと思いました。涼しいの季語。
> 地下街。。。地下道は どうだろう?イメージが暗くなるかな?

華子さん、実はね、
「地下街を涼しく歩むハイヒール」だったの。
それがネット句会で、「ハイヒールが歩む」のは当たり前と言われて「響く」に替えた。
でもね、清子は、いまだに「歩む」と「響く」で悩んでいます。

> 私も 俳誌ベスト20を目指し コツコツ 進んでいきます!!
> 巻頭とか そのあたりは 怖いなぁ。。。なんせ くの会の先輩達は
> ヤイヤイ プレッシャー掛けてきますから(笑)

土俵は違うけど、それぞれの目標で頑張って行きましょうね。
華子さんの目標はベスト20なんですね。
それは、いつもブログに書いている順位とは違うの?
この辺りが、わかっていませんが・・・。

そうそう、みのさんのブログで大歳時記のことみましたが、その古本まつりに3000円(分冊のタイプ)、2500円(一冊になっているタイプ)がありました。
一冊のタイプの中を見ましたが、写真があってとても綺麗でした。
分冊のタイプは紐で括ってあって見れませんでした。

大阪に、古本屋さん見つけられるといいですね。

この古本屋街は、家からひと駅。いつでも行けると思うと、慌てて買う必要もないかと思って見るだけにしました。

2016/11/06 (Sun) 12:01 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する