俳句界2016年11月号 兼題「真」

俳句界2016年11月号 兼題「真」


花木槿三代続く写真館
秀逸(田島和生先生)


20161029-1.jpg
(上野/白山眼鏡店)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

続きたる句会の日々や天高し

こんちは~。

私のブログ、ロマンチカへの書き込みに、
「あの名前も体格もインパクトのあるK.J.さんがいらしたので『通るのにちょっと・・・』と申し上げたら、いつの間にか席が移動していました。」
というのがありましたが、そこで思い出したのが善福寺公園のダイサギです。
池の中の杭が連続してある上をダイサギが餌を探して歩いていたら亀の所に来ました。亀はどかずにまたいでさらに行くと、カルガモが杭の上にいました。ダイサギはバランスを崩したのか、わざとかわかりませんが、大きな羽を広げました。するとカルガモはしぶしぶ杭の上から降り去って行きました。 おわり
おたまさんも背が高いですから。。。

2016/10/29 (Sat) 18:33 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
長き夜やメール句会の結果待つ

こんばんは。

結社のメール句会に入っています。
東京と比べてはダメだけど、これがなかなか面白い。
選句締切が木曜日で、結果が今日か明日か・・・、もう少し待つのか。。。

みのさんのお話によると、おたまは猫ではなくてダイサギさんになるのでしょうか。
でも、その滑稽は風景見たかったです。

昨日から、結社の20句1組の投句をしようかどうか考えています。
去年もしたけど(ブログにその課程を書きました・・・)、結果は散々。
それがね、昨日あたりから夏目漱石か子規庵でどちらかで20句詠めそうな気がしてきたの。
せっかく、好条件の場所に生活しているのだからね。

もう少し考えてみます。
夏目漱石の方が、ドラマもあったし行けそう?
こんなこと考えているだけで楽しいです。

2016/10/29 (Sat) 22:24 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する