一句一遊「輪」

一句一遊「輪」
南海放送
夏井いつき先生選
10月21日(金)放送


*そして輪転機の句も今回たくさんありましたが、金曜日数句残っておりますよ。まずは東京から参加下町おたまです。
◇黄落の散り積む夜の輪転機  東京・下町おたま
黄色く落ちるで「黄落」です。黄色い葉っぱが落ちる。黄落だからホントは散り積むって言わなくてもいいんですけれども、黄落が散り積んでいるであろう夜の暗闇の中でポッと灯った部屋では輪転機が回っていると。こういう光景も印象的です。
(落書き俳句ノートより記載ママ。いつもありがとうございます)



掲句については、富山の露玉ちゃんが素晴らしい解釈を寄せて下さったのでそちらご確認下さい。

「黄落」と「散り積む」の表現の重なりは、ひとつの挑戦でした。


20161026-1.jpg
(文京区森鴎外記念館・大銀杏)


「輪」投句が9日締め。
1週間後の16日の俳句王国で、組長は、「風が吹く」という句を詠まれていらっしゃいました。
ご自分の句の「何故、風が吹くと表現したのか」を一所懸命説明されていらっしゃいましたね。
それなら、おたまの句もOKか?、なんて思って発表を楽しみに。。。

それが、まさかの金曜日に登場とは♪

組長、金曜日ありがとうございました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

No title

下町おたま様
こんばんわ(*^_^*) ラジコしっかり聞き取りました(笑)
金曜おめでとうございます(^o^)
夜の輪転機 灯りが浮かんできますね
実家の裏が印刷工場で
その頃は徹夜でお仕事をされている時代でした(戦後15年ごろ)

2016/10/24 (Mon) 23:11 | 巫女 #- | URL | 編集
ありがとうございます

巫女様、コメントありがとうございます。

> 金曜おめでとうございます(^o^)

ありがとうございます。
金曜日はやはり嬉しです~

> 夜の輪転機 灯りが浮かんできますね
> 実家の裏が印刷工場で
> その頃は徹夜でお仕事をされている時代でした(戦後15年ごろ)

まぁ、そうでいらっしゃいましたか。

実はね、主人が昔、印刷関連で(今は違いますが)。。。
文京区には共同印刷があり、ジャンプが盛況の時、共同印刷のあたりは眠らぬ町でしたね。
遅くまで、印刷機も折り機も動いていた。
ジャンプ発売が火曜日で、火曜日になるとジャンプを読んでいる人が電車に溢れるような時代。

秋の季語を見ていると、こんなことを思い浮かべます。
「夜業」とか・・・。

2016/10/25 (Tue) 06:35 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する