4 Comments
八百屋お七のお墓が、都営三田線白山駅からすぐ近くにあります。
おたまの生活圏内ではないので、久しぶりにそちらの方面へ行ってみることに。


20161024-2.jpg


八百屋お七については、ググって頂ければ簡単にわかるかと思いますのでここでは省略いたします。

井原西鶴は浮世草子をいくつか出版しましたが、その中に 『好色五人女』 があります。
この 『好色五人女』 のなかの4番目の章に「恋草からげし八百屋物語」があります。
八百屋お七を主人公にしたものです。
西鶴によって描かれた後、さまざまな作家たちにより浄瑠璃や歌舞伎などの芝居に脚色され、さらに後年、浮世絵、文楽(人形浄瑠璃)にも登場したとか。

墓所は、白山・円乗寺。
この写真の左手奧にお墓があります。
さすがにダイレクトにお墓を撮影することははばかられたので、遠く離れたところからの撮影にしました。

墓石は3基。
当時の円乗寺の住職が若くして処刑されたお七を憐れんでその遺骸を引き取り、ここに埋葬したという言い伝えがあり、その墓石はかなり風化して文字は読めません。
この一番古い墓を中央に、お七役を演じた歌舞伎役者岩井半四郎が建立した墓石が右に立っています。
左には寺の檀家有志が建立したものがあります。
ご興味のある方は、直接訪いください。


20161024-1.jpg


性格が八百屋お七でシクラメンとは  京極杞陽



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 4

There are no comments yet.
りまど  
おはようございます。

千葉県八千代市の長妙寺、にもお七の墓があります。
大変立派な大きなお寺でした。

その御寺は、遠戚に当たります。・・数年前その御寺で
ご葬儀が有りました。 ついでにお七さんのお墓も
お参りしてきました。
確か写真も撮ってきましたはづ。

あちこちに在るんですね・・初めて知りました<(_ _)>

2016/10/25 (Tue) 10:43 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
調べてみました

りまどさま、こんにちは。

> 千葉県八千代市の長妙寺、にもお七の墓があります。

ネットで調べて見ました。
千葉県八千代市の長妙寺、岡山県御津町にもお七の墓と呼ばれている墓があるそうです。
事件の頃、住んでいたのは、おたまの住む文京区らしいのですが、お母さんの実家が八千代市だったとか。
面白い発見です。

教えてくださってありがとうございます。
また、ふらふらするのが楽しくなります~

2016/10/25 (Tue) 12:16 | EDIT | REPLY |   
ヤッチー  
フロリダより

こんにちは。
お墓ではないですが「お七の井戸」というのが目黒の雅叙園前にあるのを見たことがあります。
詳細は検索で。
歌舞伎では「櫓のお七」の演目があります。
福助や七之助のお七いいですよ!
歌舞伎また観たくなりました。

2016/10/26 (Wed) 06:23 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
遙々と

ヤッチー様、お早うございます。

> お墓ではないですが「お七の井戸」というのが目黒の雅叙園前にあるのを見たことがあります。
> 詳細は検索で。

お七のことしか知りませんでしたが、吉三郎もすごい!
今度、このあたり吟行行ってみたい。
ご一緒に如何ですか?

今ね、ブログ書きながら頭を整理します。
その時のこと思い出しながら。
このブログスタイルもいいかも?です。

> 歌舞伎では「櫓のお七」の演目があります。
> 福助や七之助のお七いいですよ!
> 歌舞伎また観たくなりました。

歌舞伎はさっぱりなのですが、そのようなお話を聞くと興味が。
俳句より広がる興味。
ワクワクします。

2016/10/26 (Wed) 07:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply