夏目漱石の妻

NHKのドラマ「夏目漱石の妻」全4回の本日が4回目。
1回目は、ドラマ自体を知らず見ていない。
句友より教えてもらって2回目からの視聴。

2回目には、正岡子規も高浜虚子も登場。
根岸の子規庵のできに驚き。
俳句の端っこにいるものとして食い入るように見た。


夏目漱石が『我が輩は猫である』を書いた頃は、本郷区駒込千駄木町に住んでいた。
そこは、我が家からすぐ近く。
その家は『吾輩は猫である』の舞台として”猫の家”と呼ばれ親しまれ、現在は明治村に移築されている。


20161015-2.jpg


ここが、夏目漱石がかつて住んでいた場所。
今は、日本医科大学同窓会橘桜会館になっている。
塀にブロンズの猫。
なんと粋な計らいか・・・。


20161015-1.jpg


この辺りは、夏蜜柑の木が多かったという。
その名残の木・・・?。


20161015-3.jpg


名月や十三円の家に住む   夏目漱石


掲句は、漱石が熊本の五高で教鞭をとっていた頃の句。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

猫の話

おたまさん、おはようございます。

そういえば、「谷中ぎんざ」の出口あたりの初音屋、福島商店?
の屋根の上にも、猫の像がありましたね。

  屋根の猫秋刀魚見つめて動かざる   ってな感じ(^^♪

11月に、そのあたり(おたまさんの地元)を吟行します。

今日は、句友に教えてもらった「映像歳時記/鳥居をくぐりぬけ
て風」を観てから、それをもとにしたプチ句会です。
では、では、行ってまいります。

2016/10/15 (Sat) 08:29 | 十志夫 #bM4TJFTs | URL | 編集
我が家事情

十志夫様、お早うございます。

今朝、カレンダーを覗いて、主人が「今日は俳句はないのか」と確認していたの。
台所のカレンダーは、おたまの予定が書かれています。
実は、子どもの進学関係で、俳句外出禁止令?が出ていて。
推薦決まったから、そろそろ解禁?

面白いのがね、土日に出かけていた主人が、玄関を開けるなり必ず言う言葉があるのを知りました。
「お母さんは、俳句か?」
俳句で出かけてはいないけど、部屋に引きこもって俳句を考えている。
俳句であることに変わりない。
笑えるでしょう?


> そういえば、「谷中ぎんざ」の出口あたりの初音屋、福島商店?
> の屋根の上にも、猫の像がありましたね。
>   屋根の猫秋刀魚見つめて動かざる   ってな感じ(^^♪

何匹かいますね。
粋な計らいですよね。

> 11月に、そのあたり(おたまさんの地元)を吟行します。
> 今日は、句友に教えてもらった「映像歳時記/鳥居をくぐりぬけ
> て風」を観てから、それをもとにしたプチ句会です。


今日の映画とプチ吟行楽しんできて下さいね。

いつか、おたまもお誘い頂ければ・・・。
たぶん、身軽になったはずなので・・・。

2016/10/15 (Sat) 08:57 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
後ろにはそつと出でたる十三夜

こんちは~。

夏目漱石の妻、見てます。
忠臣蔵の恋も。

蜜柑系の木が多いなら、芋虫も多いのでは。
ベランダ前に、でかい芋虫がいます。たぶん蛾だと思いますが。

2016/10/15 (Sat) 10:56 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
後から忍び寄る猫青蜜柑

みのさん、こんにちは。

今日は、半日は洗濯、半日は美容院で過ごしました。

この夏蜜柑の木にはお世話になっているんです。
よく揚羽蝶の幼虫を捕りました。
子どもの情操教育のため?

蛾の幼虫は見かけませんでしたね。
きっと品のよい木なんでしょう。

2016/10/15 (Sat) 17:12 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する