君の名は。

「聲の形」に出てくる学校は、我が家の近所の駒込高校が舞台となっているらしいと情報キャッチ。
息子に、一緒に映画を見に行って欲しいと懇願。
「聲の形」ではなく「君の名は。」なら行くと、息子。
1人ではなかなかアニメ映画など見られないので、「君の名は。」を見ることに。


このストーリーでキーになっているのは、ドアの開閉と赤い組紐か。
東京と岐阜(飛騨市)の横軸と、過去・現在・未来という時間の縦軸。
それらを結ぶ赤い組紐。


そんなことを考えて見ていながらも、2-3度笑ってしまった。
(残念なことに、どの場面で笑ったのかは覚えていない・・・)
息子曰く、「お母さんの笑い声は大きすぎる」。
これが、映画終わってからの息子ちゃんの一番目の感想らしい・・・。


20161014-1.jpg
(駒込高校前の花水木の赤い実)


エンドロール膝の外套照らし出す  柘植史子



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する