豆大福

谷中霊園を抜けて上野桜木方面へ。
大雄寺入口脇の「谷中岡埜栄泉」。


20161008-1.jpg


明治33年創業、当代4代目が暖簾を受け継ぐ老舗和菓子舗。
この店舗は、戦災で消失し戦後すぐに再建したものだが、往時の姿を今に残す味のある外観。


旧吉田屋酒店へ行きたかったかったので、帰りに豆大福を買おうと通過。
その帰り道、お店に入ると若い女将が、「ごめんなさい、豆大福売り切れなんです」と謝られた。

テレビで「あたり(この「あたり」は明日のブログで)」がテレビで紹介されたらしく、何故か本日は豆大福がよく売れて昼前なのに売り切れ」とか。
「カヤバさんとかあたりさんのおかげで・・・、うちもその恩恵を授かっている」と言うお話しが。

店内を写真撮らせていただいた。


20161008-3.jpg


20161008-2.jpg


「これは電気ですか?蝋燭ですか?」の問に、店の奥から「自分が子どものころからあって、今は電気です。今も使えます」と御主人が声だけで回答。
それを聞いていた女将が「でもね、わたしが嫁に来てからは一度も灯を入れたことはないのよ」と説明。
また、奧から「そんな事はないだろう」という声。
御主人のお顔も拝見したかったが、今回は声のみで・・・。


20161008-4.jpg


豆大福は、「荻野」で購入いたしました。
豆がプチプチ、中の餡はこしあんでした。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

句会後の豆大福を喰ふてをり(新年)

こんちは~。

台風で壊れそうな建物でよく頑張ってますね、とは質問しなかった?
でしょうね。大きなお世話と言われそう。。。
「慈光」?の書はだれが書いたんでしょうね。わたしならそちらに目が行きますが。
豆大福旨そうですね、草餅より。この間のサントリー美術館のあと、ミッドタウンの裏で草餅食べて感想会。榎町公園からの風が心地よかった。

認証 7777 で、でましたよ、ついに!! 賞品は豆大福でしたっけ。
入力の指が震えるな~。

2016/10/08 (Sat) 11:48 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
秋雨や豆大福の硬き豆

みのさま、今晩は。

(新年)って但し書きで、俳句自体は無季ですよね?
大福で新年?


> 台風で壊れそうな建物でよく頑張ってますね、とは質問しなかった?

カヤバ珈琲もそうですが、この辺りにはこのような建物を保存する運動が広がっています。
明日のブログの「あたり」もそれですね。


> 「慈光」?の書はだれが書いたんでしょうね。わたしならそちらに目が行きますが。

写真見ていてその額に気がつきました。
今度、じっくり聞いてきます~


> 豆大福旨そうですね、草餅より。この間のサントリー美術館のあと、ミッドタウンの裏で草餅食べて感想会。榎町公園からの風が心地よかった。

良い句材がありましたか?
ミッドタウンあたりと上野桜木あたりでは、雰囲気がまったく違いますね。
それぞれの良さでしょうか。
おたまは、この上野桜木あたりが性に合っているかも。


> 認証 7777 で、でましたよ、ついに!! 賞品は豆大福でしたっけ。

いやいや、ミラノサンドですよ。
ミラノサンドはもう食べられない?(笑)

2016/10/08 (Sat) 20:09 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する