7 Comments
俳句界2016年10月号 雑詠


夏草や大火跡ある城の石
佳作(佐藤麻績先生、辻桃子先生、山田佳乃先生)


20160927-1.jpg


インターネット句会で「“ある”が説明的なので残念」とご指導頂きました。
いろいろ考えてみたのですが、どうしても上手く組み立てられず「ある」は残ったまま。
おたまとしては納得していない1句でした。
それなのに、たくさんの先生から佳作、ありがとうございました。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 7

There are no comments yet.
海音  
No title

「ある」を取るとすれば、 「石垣の大火の跡や夏の草」あるいは「石垣に〜」か。そうすると「夏の草」(「夏草」ではなく)という傍題季語が浮くかも(すいません)

2016/09/27 (Tue) 18:36 | EDIT | REPLY |   
華子  
たくさんの入選 おめでとうございます。

今ね。。とらを様のブログでも 同じコト言ってきました(笑)

毎回 素晴らしい結果を出されていますね。本当に 尊敬します。

そうか! 城の石。。は 石垣か!納得。

ここの 海音様の「浮く」とは 合わないってコト?(スイマセン)
反対に 浮いてくる。。。合ってる。。と言うコト?
私には。。。ちょっと ピンと来ないけど。またまた スイマセン。

取り合わせはね。。。自分が 合わないと思っても それは それで
良いと。。指導を受けてますから。。。許してね。鑑賞力の違い。

この雑誌も すごい投稿数だと思うので そこでの入選は 
素晴らしい結果だと思います。

2016/09/27 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   
海音  
追伸(華子さんへ)

その通りです。なんか「季語だけ、後でとって付けたなあ」という感じです(^^;)<海音様の「浮く」とは 合わないってコト

私の経験上、季語だけを後で、何回も変えると、句の質が落ちていくようです。(それは季語以外の部分との「矛盾」が出て来るのでしょう)

2016/09/27 (Tue) 21:33 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
ありがとうございます

海音様、添削ありがとうございます。

> 「ある」を取るとすれば、 「石垣の大火の跡や夏の草」あるいは「石垣に〜」か。そうすると「夏の草」(「夏草」ではなく)という傍題季語が浮くかも(すいません)

この句は東御苑の吟行句で、江戸城が大火で焼け落ちたので、「城」は入れたいのです。
実は、先生より「夏草や城石垣に大火跡」と添削を受けておりました。
この時は、このリズムがどうしても納得出来なかったんです。
その時は受け入れられなかったけど、今、見直すとこの句の方がよかったかも。
こちらだったら、どうだったんだろう?って思いますが、後の祭りですね。

2016/09/27 (Tue) 22:02 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
ストレージブログのつもり?

華子様、今晩は。

結果ばかりを並べていますが、結果の記憶装置みたいなもので・・・。
月末だけの楽しみですね。
明日からは、並べるものがなくなるので、写真でも並べることにいたします(笑)

> そうか! 城の石。。は 石垣か!納得。

城の石は石垣も、よい案だとは思うのですが「城」にこだわりがありまして・・・。
このこだわりは、捨てなくてもいいよね?

文学界は、この投稿欄が売りみたいなものですから。
結構、楽しんでいます。
いろいろな先生がいらっしゃるので、この先生がこちらを採って下さった、なんて、ひとつの目安になりますね。
投稿はじめて、もう2年になるのですが清子の句を採って下さる先生の傾向が見えてきました。

華子さん、まだラジコ聴ける?
一句一遊でね、昨日からウェンズディ正人さんが俳句だけを詠み上げるようになったんだけど、これが機械的な感じがしておかしい。
聴いていて、どうしてもロボットが読んでいるような感じがするの。
もっと、組長と絡めばいいのにって思う。
朝の10時からが、違った意味で楽しくなった清子です。

2016/09/27 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   
華子  
換気扇「強」

今夜は 秋刀魚を焼きました。いつまでも その匂いが
この部屋から消えません。。で「強」にしたら うるさいわ(笑)

海音様 お返事 ありがとうございます。

私も 季語をコロコロ変えて 遊ぶタイプです。こういう詠み方は
恥ずかしいコトだと知ってますが 俳句は どこか 言葉遊びで
季語があるから 遊べるのだと思います。不真面目で 申し訳ありません(笑)

又 取り合わせは その人の鑑賞力に繋がっていると思うし。。感性にも。
だから 句会で その感性が同じ人に合うと 超うれしくなる。
「だよね。。ここの この季語が 痺れるよね。。同じ~」みたいな気持ちね。
それが正解とか 不正解とかでなく。。同じ感性だね!という喜びです。

清子様へ
ラジオは解約してしまって 全く 聴いていません。小さな声で言いますけど
私 夏井先生が ブレイクして。。。興味が無くなりました。。スイマセン。

「城」に拘る。。の話ですが 分かりません。そういう拘りを 捨てない方が
良いのか。。17音のために捨てた方が良いのか。。分かりません。
捨てても。この一句は こういう気持ちだった。。が 残るから 良いのでは?
「ここが言いたいのよ。。」は 拘る必要あると思うけど。

そのあたりは 清子様が 一番信頼してる先生に聞けば 答えが出るかもよ。

2016/09/27 (Tue) 22:39 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
朝から頭痛

華子様、お早うございます。

明日から、また雨気配。
今日は30度越えが予想されるそう。
だから、洗濯はしないと・・・、なのに頭が痛い。
クスリ飲むか思案中。

実は、写真と俳句はイコールではない。
実際の大火跡が残った石として詠んでいるのは、この石ではないのよね。
写真がなかったので、この写真を使った。
この写真みると、石垣になるよね。
真っ黒になった石を見て詠んだの。
もっともっと大きな石。。。
写真俳句の弊害??

そうね、先生に聞くのがいいよね。
でもね、先生(同人先生)の添削を頂いてもそれを投稿しなかったのは、やはり、最後の決断は自分かと思うの。
ちょっと意地っ張り?

2016/09/28 (Wed) 06:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply