横浜吟行2

ランチは、みなさんとKKRポートヒル横浜の1階レストラン「山手ローズテラス」にて。

レストランへ行く前に、港の見える丘公園に行って飛鳥Ⅱを遥かに望む。
ここには、既に数名が集まって海を眺めたり、句帳とにらめっこしたり。。。

おたまとしては、この公園にいたのはほんとにわずかな時間。
でも、期待通り汽笛、霧笛が聞こえてきて感動!
そう言えば、「船笛」と詠んだ句見たことがあるかも?と、記憶の中の単語を調べて見る。
辞書には載っていなかった。
インターネットで調べると、「ふなぶえ」とか「せんてき」と読んで俳句では使うとか。
俳人が好んで使う言葉なのか。。。
それなら、俳人の端くれとして是非詠んでみたい。


20160917-3.jpg


カサゴとホタテのポワレ 白バルサミコスソース
サラダ
パンまたはライス
コーヒーまたは紅茶
(1,860円税込)

20160917-1.jpg


20160917-2.jpg


ランチの間もLINEとメールがジャンジャン来ている気配。
でも、そちらへの体力を、ランチの間だけは俳句に向けて、句作とおしゃべりにいそしみました。
歳時記見たり、メモしたり。
この時間を逃したら、また、俳句が詠めないと思って・・・。

ランチのお皿の中に秋を見つけようと努力しましたが、秋の食材はないですね。
残念!!



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

遠笛の聞こゆる岸のベンチかな

こんにちは。

イェ~、たか~。。。1860円とは胃が驚く。
皆さん見栄張って、この味ではお安いわね~とかいってるんでしょうね。
わたくしはいつも山下公園前のすいているドトールのミラノサンド650円で済ませてますが。これからは山下公園のベンチで、コンビニのおにぎりで済ませば半額以下です。

2016/09/17 (Sat) 11:30 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
遠笛に秋の昼餉の華燭かな

みのさま、こんにちは。

この日のお昼は、主宰を囲んでのランチの予定だったので、このようなことに。
10人ちょっとでの予約は、いろいろ調べたけれど、この値段ぐらいが相場でした。

海も見えたのでロケーションもよく、お料理も最高でした。
残念なことは、主宰がご欠席だったことですね。

もちろん一人なら、ミラノサンドですね!!!

2016/09/17 (Sat) 14:29 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
No title

 まだミラノサンドでも、私には高く感じられますね(^^;)(600円もあれば、肉うどん+オニギリが充分たべられますから)

「一人ならミラノサンドや〜〜〜」で、下五の季語次第でどうでしょう!

2016/09/17 (Sat) 17:34 | 海音 #I9hX1OkI | URL | 編集
ナイスです

海音様、コメントありがとうございます。

>  まだミラノサンドでも、私には高く感じられますね(^^;)(600円もあれば、肉うどん+オニギリが充分たべられますから)

吟行は、手頃なものをチャチャチャと食べて、めいっぱい見る・詠むをするのがいいですね。

> 「一人ならミラノサンドや〜〜〜」で、下五の季語次第でどうでしょう!

海音様、ナイスです!!

「華燭」として、食欲の秋を表現しましたが、「一人なら~」で秋の淋しい感じもいいかもしれませんね。
「一人なら~」では詩的??と疑問符がついてしまうので、「我ひとり~」ぐらいで考えれば良い句が一句出来るかもですね。

2016/09/17 (Sat) 20:30 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
秋澄むやタマネギ甘き肉うどん

こんばんは。
なるほど 主宰が東京で一泊されて 句会と吟行がある。。てコトですね。
で 今回は 残念ながら 体調不良で 欠席。

南風の俳誌でも 時々 主宰が○○句会に出席。。とかの記事が載ってます。
結社って そういう繋がりを大切にするんですね。

中央例会で「豊岡から来ました」という女性とお隣でした。三時間掛かるらしい。
前日に ご実家の吹田(大阪府吹田市)で一泊して 当日の句会の後は 帰宅らしい。
「「豊岡でも 南風の句会があるんですか?」とお聞きしたら「いいえ この例会だけです」
と仰る。華子 続けて 質問。。。初対面の方に。。。図々しいキャラです。

「なぜ 南風に?」「亡くなりましたが 父が ずーと南風でお世話になってました」
「そうでしたか。納得です」「お父様の影響で俳句。。なんて ステキですね」

結社には そういう深い絆もあるんですね。私 自分が知らない「結社」を
見たように思いました。もしかしたら すごい集団なのかもって。

ランチのお値段は 置いといて。。安い方が良いよね(笑)
そういう場で 親交を深めるコトも 大切なんですよね。。。きっと。
俳句は 孤独だけど。。詠むときは。。孤独だけど 人の輪の中で
楽しむモノのようにも 思います。そんなアナログ感が好き!

2016/09/17 (Sat) 23:20 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
タマネギは一個百円カレーの日

華子様、お早うございます。

今回の吟行は主宰ご出席のご予定で・・・。
土曜日の句会後、じっくり飲み会で俳句論を戦わせて(?)、翌日吟行の予定でした。

主宰の句会は、奇数月にあります。
この句会が、とても好きです。

吟行は、基本は、句会メンバーだけで行きますね。
今回は、いろいろな話の流れからご一緒にと言うことになりました。
春から準備していたのですが、体調不良ではしかたありません。。。

会員さんの中には、主宰の句会に出たことのない方はたくさんいらっしゃいますね。
東京は羨ましいと、大会の時言われました。

辻先生は、細見綾子・沢木欣一の「風」という結社に入っていらっしゃいました。
沢木欣一が亡くなられて「風」が終刊。
その後、「風」の流れを受け継ぐ結社が全国に渡っていくつか出来ました。
その内のひとつが「栴檀」。
栴檀にもね、お祖母様が「風」でお世話になっていたのでという方がいらっしゃいます。
すごいですよね。
歴史を感じます。

清子なんて、たまたま近くで句会をしていたのでと言うつまらない理由からの参加ですからね・・・。
穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい理由です。


今日のNHK俳句見ました?
入選句の俳ポ率高いです。
今は、辻恵美子風の俳句詠んでいますが、夏井いつき風もやっぱり好きだと思わされた内容でした。

2016/09/18 (Sun) 08:34 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する