横浜吟行1

9月11日、栴檀東京句会の吟行。
辻先生は、病院のお疲れからご欠席となりましたが、その他の皆さまは、9時30分に元町・中華街駅に集合。

駅を出てすぐのアメリカ山公園で集合写真を撮影して、それぞれの道へ。
おたまは、山手洋館付近と、外国人墓地、港の見える丘公園を中心に吟行予定でした。

「予定でした」というのは・・・。

アメリカ山公園を抜けて、外国人墓地横を通って、港の見える丘公園に向かっていると・・・、じゃんじゃん仕事のLINEとメールが。
LINEとメールでは、話が進まず、電話も加えて・・・。

雨だし、電話もかかってくるし、山手をぷらぷらとするのは諦めて、神奈川近代文学館の見学を目指すことに。
それなのに、館内には入らず、文学館の外で、ズーッと電話とLINEとメール。
時々、今通ってきた道を思い出しては、俳句を詠んで・・・。
また、LINEとメールと電話に戻って・・・。

おたまは、神奈川近代文学館まで行って館中に入らず、この建物の庇の下(まさにこの写真のここ)で、午前中のすべての時間を過ごしました・・・(悲)。


20160916-1.jpg


そこから見えた景色は、こんなところ・・・。


20160916-3.jpg


聞こえたのは鳥の鳴き声と虫の音のみ。
(何の鳥か虫かは不明)


20160916-2.jpg


小鳥来る雨の降り込む庇へと



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

庇から覗く山手や秋湿

こんばんは。

おお~、、、わたくしの庭へ吟行ですか。
神奈川近代文学館では何回か句会をやりました。
一番下の写真の霧笛橋を渡ったところにありますね。
左に映っているのは図書館で、主宰はここへ調べ物に来るそうです。
いつか行ってみようかと思ってますが、いつも、時間が無くて。あと、開いてないようなので未達ですが。

2016/09/16 (Fri) 09:47 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
庇まで雨風の来て虫の来て

みのさま、こんにちは。
もしかして、まだリオにいらっしゃる?

みの様のお庭へお邪魔いたしました。
それがですね、書いた通りに館内に入らず。。。
この時期だからよかったものを、冬なら凍え死んでいたかもしれません。

図書館もあるのですね。
東京で言えば、俳句文学館みたいなものでしょうか。

こんどゆっくり行きたいと思います。

2016/09/16 (Fri) 12:36 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する