秋の夜長のママ友会

ここからが話本番秋の夜


20140830-1.jpg


昨夜、某イタリアンレストランで、ママ友会。
お料理を撮影するためにカメラ持参と、そこは抜け目なく・・・。

ところが、話に夢中になって撮影したのは、
この一番最初に出てきたサラダだけ。
だから、秋の夜長の入り口、序の口、スタートラインというところ。。。

「ここからが」なのか「これからが」なのか悩みどころ。。。
それ以上に問題は、おたまの嫌いな助詞「が」を使ったこと。。。
でも、そこは「は」より「が」の方が説得力があると思って採用かなぁ~。


俳句の話はともかく、久しぶりのママ友たちとのお話が楽しかった。
子供の成長の話は、もちろん盛り上がったけど、
自分たちの体調の話、老後の話までするようになったとは、
月日の流れがちょっと重い・・・。


女子会に飛び入り参加秋の虫

この句の真意は、あの場にいた人だけにわかる。。。
実際の虫は、秋の虫では無かったけど・・・ネ。
思い出の記録としての句であって、
情緒、風情はないのであしからず。。。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

まいまいクラブ 8月29日「破芭蕉」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
8月7日正午~8月21日正午受付分
大高翔先生選

破芭蕉大きく風に項垂るる
(やればせうおおきくかぜにうなだるる)
「佳作」


ケータイ写真俳句0821締切_丸山清子


大高翔先生のコメント
「破芭蕉」の姿、風情がしっかりと見えてきます。
「大きく風に項垂るる」には、風流への意思があるようですね。


翔先生ありがとうございます。
芭蕉は、風情や風流を表すのだと、翔先生のコメントで理解しました。
まだまだ、季語の理解が足りないみたい・・・。
でも、、、こんなバナナみたいな木に風情とか風流って感じられるのかなぁ~?
芭蕉先生に関連づけて、風情・風流を感じるべきなのかなぁ~?

そう言えば、最近、修飾語は修飾する語句のすぐ前に置いた方がいいと教わった。
となると、揚句は、「破芭蕉風に大きく項垂るる」となるのか・・・。
いや「破芭蕉大きな風に項垂るる」の方がよかったか・・・。

教わった事が、ずっと頭の中にあるといいのだけど、
悲しいかな、簡単に忘れてしまう。
若い時に戻りたいものだと思ふこの頃。。。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト365 作品集2014

松山の秋の初風届きたり


20140826-1.jpg

自分の作品が載っていないのに作品集を頂きました。
ありがとうございます。
これで、勉強して「天地創造」することにいたします。

第1回目から掲載されているのですね。
おたまの知らない時代なので、読むのが楽しみ。

無料配布して下さった松山市に感謝。
本気で、ふるさと納税考えてみようかなぁ~。

松山にも行ってみたいし・・・。

夢は広がる!!


今週は、俳句ポスト365お休みです。
休みとなると、とても淋しい1週間です。
いつもは、追われているようで
「やめたい。やめたい」と思うことも多いのに、
なんという矛盾。。。


掲句は、突っ込まないでください。
たぶん、「秋の初風」の使い方が違うと思ふ・・・。
また「松山より」にしたかったし(でも、それでは字余り)・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第78回兼題「猿の腰掛」

俳句ポスト 第78回兼題「猿の腰掛」結果
夏井いつき先生選

床の間に猿の腰掛古る旅館
(とこのまのさるのこしかけふるりょかん)
「人選」


20140825-1.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

まいまいクラブ 8月22日「蝉時雨」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
7月31日正午~8月7日正午受付分
大高翔先生選

母を呼ぶ子の声消すや蝉時雨
(ははをよぶこのこゑけすやせみしぐれ)
「佳作」


大高翔先生のコメント
「母を呼ぶ子の声」をかき消してしまうほどの「蝉時雨」なのですね。
蝉の生命感に迫力を感じ、驚いている作者も感じられるようです。

翔先生ありがとうございます。


ケータイ写真俳句0807締切_丸山清子
(小石川後楽園)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句のある生活

浮かびたる俳句はあまた鰯雲


20140821-2.jpg


自分でも「これは駄句だろう」「これじゃ没句だろう」と思いながらも、
せっせとあっちこっちに投句。

毎週締め切りの俳句ポストに加えて、
その他、いくつか投句先を見つけてきては、
自分で自分を追い詰めている感じ。。。

このブログに、ちらっと掲載したものは、既に公表済みと判断すべきと考え、
真新しい俳句のブログ掲載を避けていると、なんとなくブログは休みがち・・・。
ブログを休むと、これはこれでつまらない。

たまたま、お盆前から体調が優れず、
ブログのことを考えないことは、体にとってもよいはずと思う。
しかし、結局、ベッドの上でも俳句雑誌を眺めたり、俳句を考えたりしているので、
休んでいるのかいないのかわからない状態・・・。
まっ、それだけ俳句が好きってことか。。。

ちょっと話がそれますが、先日、ドリカムの吉田美和さんがこんなこと言っていた。
夜中に浮かんだ歌詞を暗闇で、ワッ~ってメモしたのに、
翌朝、それを見ると何が書いてあるかわからないことがしょっちゅうあると。。。

おたまも、夜中にガバッて起きて、思い浮かんだ俳句をメモする。
でも、朝読み返すと、何が書いているのかわからない事が多い。。。

ドリカムの吉田美和さんとは次元が違うので、
同じで嬉しい!なんて言っては申し訳ないと思う。
でも、確かにあるあるの話で、同じって思った。

と言う事で、体調に限らず寝ても覚めても俳句の生活、
(いやいや、仕事はきちんとしております~)
いつまで、この生活が楽しいって言っていられるのかなぁ~って思う事がある。
忙しくても、少しでも長く楽しいと思っていたいと思ふ。


20140821-1.jpg


朝顔は秋の季語と、最近知った。。。
お盆前までは、朝顔は夏の季語かと思っていた(恥ずかしい話)。
確かに朝顔は今が盛りかも?


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

茶トラ猫ちゃん

秋澄むや名前も知らぬ茶トラ猫


先日、俳句のお友達(いやいや班長さんと呼ばないと・・・)と
茶トラ猫ちゃんの話題で大人げなく大盛り上がり。

で、その猫は何処にいるのかと探すことに。
おたまは近所で見たはずと、
毎日、仕事帰り我が家の近所をふらふら遠回りして帰宅。。。。
そして、やっと見つけました!!

でも、残念かな、この猫では若すぎる気がする・・・。

やっぱり、あの茶トラ猫は谷中の猫なのかなぁ~。。。

20140822-1.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

谷中猫

新涼や谷中銀座のタマと逢ひ

にっぽりマルシェという市をしていることをニュースで知り、
この時期にしては、とても涼しいことも手伝って、
自転車に乗って行ってきました。

朝が早すぎたため(10:00頃)準備中などで、
ちょっとがっかり・・・。
(月1回開催、朝市ではなく、夕方まで開催しているそうです)

お店が少ない中、野菜を少し買って、
ここまで来たらやっぱり谷中銀座でしょう、
ということで、谷中銀座へ。

そこで、お友達のタマちゃんを見つけました。


20140818-1.jpg

20140818-2.jpg


新涼や谷中歩きて猫探し

じつは、マルシェよりも谷中の猫探しが大きな目的で。。。
ところが、見つけたのはこの一匹だけ。
(残念、探していた猫さんではありませんでした)


20140818-3.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第77回兼題「法師蝉」

俳句ポスト 第77回兼題「法師蝉」結果
夏井いつき先生選

東京へ向かふバス待つ法師蝉
(とうきょうへむかふばすまつほうしぜみ)
「人選」


20140817-1.jpg


「向かふ」か「帰る」で悩んだのだけど、
今となっては、なぜ「向かふ」にしたのか
わからない・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

終戦日

線香のくゆる寺町終戦日
(せんこうのくゆるてらまちしゅうせんび)

20140815.jpg
(文京区/榮松院)

駅へ向かう道を歩いていると、
お寺の門の前で蝉の声が大きくなる。

お寺の前に来るとボリュームが大きくなり、
過ぎると小さくなるので、
大きくなったり小さくなったりの繰り返し。

その蝉時雨を聞いていると、
蝉たちは、過去の出来事を悲しみ、
行く末を案じているかのような気になってきた。

この句、「終戦日」と「蝉時雨」で悩んだのだけど、
今日15日なので「終戦日」で。。。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

NHK四国のラジオ放送番組「俳句ネットワーク」

NHK四国のラジオ放送番組「俳句ネットワーク」
兼題「暑し」
夏井いつき先生選

◆東京は暑いぞ!
丸の内ビルのよろめく暑さかな


20140813-1.jpg
(文京シビックセンター展望室より。丸の内方面ではありません。あしからず)


2014年6月に夏井組長のブログで投句募集がありました。
入選句は、7月26日NHK四国のラジオ放送番組「俳句ネットワーク」で放送されました。
おたまの句は、残念かな、放送されませんでしたが。。。

しかし、8月4日の組長のブログに「ご投句御礼の選」と題して載して頂きました。
組長、ありがとうございます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

まいまいクラブ 8月8日「蓮」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
7月24日正午~7月31日正午受付分
大高翔先生選

風吹きて揺るる波間の蓮静か
(かぜふきてゆるるなみまのはすしづか)
「選外」

大高翔先生のコメント
「背泳ぎ」、「馬鈴薯のひとつひとつ」、「蓮静か」、「地蔵橋」、「夏暖簾」、「夕立」、「雷鳴迫りをり」の作品からも情景が伝わってきました。いきいきと描かれた、鮮やかな夏の一場面たちです。


ケータイ写真俳句0731締切_丸山清子
(上野不忍池)

このまいまいクラブは、「ケータイ」と言うだけあって写真が小さいのですが、
どの作品にも季節が感じられて発表が待ち遠しです。
欠かさず、すべての投稿作品を鑑賞させて頂いています。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第76回兼題「夏深し」

俳句ポスト 第76回兼題「夏深し」結果
夏井いつき先生選

歳時記の真ん中あたり夏深し
(さいじきのまんなかあたりなつふかし)
「並選」


20140808-1.jpg
(小石川後楽園)

なんとまぁ~、やる気の感じない投げやりな句・・・。
大きく反省することにしませう。。。

このような句に、並選なんてもったいない。
いつき組長、お情けありがとうございました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

山本海苔店 6月俳句会「虫干」

山本海苔店 6月俳句会 結果
安立公彦先生選

名立たりし明治文豪虫干しす
(なだたりしめいじぶんごうむしぼしす)
「選外」


20140807-1.jpg


締切を忘れていて、ぱっと浮かんだものを投句。
結構、当たり前の句。

単なる575。
リアリティ、オリジナリティのなさ・・・。
そんないい加減じゃだめかぁ~(フウ~)。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

愚陀佛庵インターネット俳句会6月分「紫陽花」

愚陀佛庵インターネット俳句会 2014年6月末締切分結果
八木健先生選

紫陽花に占領されしワンルーム
(あじさいにせんりょうされしわんるーむ)
「入選」


20140806-1.jpg
(文京区/白山神社)

俳句ポストで投句しそびれた俳句を、
愚陀佛庵に投句させていただきました。

けっして残り物ではなく、ユニークさを八木先生に認めて頂きたく。。。
入選を果たし、嬉しい限りです。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第75回兼題「炎天」2

俳句ポスト 第75回兼題「炎天」結果
夏井いつき先生選

炎天や土に汚れし手を洗ふ
(えんてんやつちによごれしてをあらふ)
「人選」


20140803-1.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

愚陀佛庵インターネット俳句会6月分「蝸牛」

愚陀佛庵インターネット俳句会 2014年6月末締切分結果
八木健先生選

角伸ばし雨の指揮とる蝸牛
(つののばしあめのしきとるかたつむり)
「特選」


八木先生のコメント
雨の予報をする蝸牛はたしかに指揮者。


tokusen03_20140807_big.gif


特選には、八木先生が絵を描いてくださいます。
描いて頂いた、この絵素敵。。。
ありがとうございます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

まいまいクラブ 8月1日「夏帽子」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
7月17日正午~7月24日正午受付分
大高翔先生選

見ゆるものすべて知りたし夏帽子
(みゆるものすべてしりたしなつぼうし)
「銅賞」


大高翔先生のひとこと
「夏帽子」の愛らしくも予測不可能な動きが見えてきます。
はらはらしつつ、見守る作者も見えてきました。
「見ゆるものすべて知りたし」の好奇心は、一生ものの宝物ですね。
 

ケータイ写真俳句0724締切_丸山清子


翔先生、ありがとうございます。
この写真、とても気に入っていたので、
銅賞を頂けてとても嬉しいです。

最初は、「噴水」で句を詠もうと頑張ってみたのですが、
思うように詠めず、「夏帽子」に変えたことが
よい結果になったのでは・・・と思います。

これからも、頑張らねば・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第75回兼題「炎天」

俳句ポスト 第75回兼題「炎天」結果
夏井いつき先生選

炎天へ絶叫マシン突き上がる
(えんてんへぜっきょうましんつきあがる)
「人選」


20140801-1.jpg
(東京ドームシティ)


初心者ながら、8月は、
毎日俳句大賞と角川全国俳句大賞に投句したいと思っています。
その準備で、当分の間、
おたまブログは、投句結果のみの掲載になりそうです。

日々、作句、推敲しないと数が揃わない・・・。
今から、かなり焦っている・・・。

と言う事で、毎日、お越し下さっている皆様(本当にありがとうございます)、
お休みが多くなりますが、心配なさらないでください~



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学