信濃毎日 フォト×俳句 6月26日「花」

信濃毎日新聞 フォト×俳句 6月26日掲載
坊城俊樹先生選

万物の綻びたるや花の宴
(ばんぶつのほこびたるやはなのえん)
「入選」


フォト俳句0508締切(丸山清子)
(光源寺/駒込大観音)


坊城先生の選評
花の盛りともなれば、すべてがほころんでくる。この鬼瓦の表情でさえ。


坊城先生ありがとうございました。

実は、5月初旬に信濃毎日新聞へ投句した作品。
写真が思うように撮れないし、
写真と俳句の距離感がつかめず、
今は、俳句オンリーで頑張るべきでしょって思って、
これで写真×俳句は終わりにしようと思っていた。

ところが、予想せぬところへ「入選」の連絡。
この連絡は、素直に嬉しいと思った・・・。


この写真は何度も光源寺に通って写した中の1枚。
風が吹いていたり、花と鬼瓦の関係が納得できなかったり。
手が震えたり・・・、雨が降っていたり・・・。

この投句をしてから、写真×俳句はやめにして、
写真+俳句に徹しようと考えていただけに、
また、心が揺らぎそう。

お気に入りの写真が撮れたら投句するって考えるのもいいかなぁ~。


と言う事で、嬉しいことは嬉しいけど、
この新聞、本名で掲載されるのが嫌!!

ただでさえ、おたまなのか清子なのか、
自分でもわからなくなってきたのに、
これに本名がプラスされたら、
ワタクシは、いったい誰なの?
俳句を詠んでいるこの人は誰?って思ってしまう。

ブログを書いているのは、おたまおばさん。
俳句を詠んでいるのは、丸山清子。
だから、丸山清子で行きたいって食い下がったけど、
俳号はNGと言われた・・・。


さらに、年齢まで出るのも嫌!!

年齢は掲載しないで欲しいという乙女の気持ちわかって欲しい。。。
(ところで、乙女って誰??)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第70回兼題「紫陽花」2

俳句ポスト 第70回兼題「紫陽花」結果
夏井いつき先生選

紫陽花やわさわさ抱え行く花屋
(あじさいやわさわさかかえゆくはなや)
「人選」


20140627-1.jpg
(文京区/瑞泰寺)


今回の「紫陽花」では、人選に2句選んでいただきました。
ありがとうございました。


20140627-2.jpg


谷根千はお寺の多い町。
「紫陽花」の句を考えている頃、
近所のお寺で、何件かご葬儀がありました。
それを見て思いついた句です。
実際に紫陽花を運んでいるお花屋さんにはお会いしていませんが・・・。

提出前に、一人前にいろいろ推敲してます。
(しているつもり?)

紫陽花をわさわさ抱へ通夜に入る
わさわさと紫陽花運ぶ花屋かな
紫陽花をわさわさ抱え入る花屋
紫陽花をわさわさ抱え来る花屋
式場へ紫陽花抱え入る花屋(この句だけは、ジューンブライドのイメージ)

決定的な決め手って何だったんだろう~?
時間が経つと、そういうことが思い出せない・・・。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

まいまいクラブ 6月27日「紫陽花」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
6月12日正午~6月19日正午受付分
大高翔先生選

雨雲の垂れて紫陽花なほ重し
(あまぐものたれてあじさいなほおもし)
「佳作」


大高翔先生のひとこと 
「雨雲の垂れて」の湿気を含んだ重みよりも「紫陽花なほ重し」と詠んだところに、意外性と詩情を感じました。


翔先生、いつもやさしいお言葉ありがとうございます。
雨が降る中、重そうな紫陽花がとても気になって出来上がった1句です。


ケータイ写真俳句0619締切_丸山清子



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第70回兼題「紫陽花」

俳句ポスト 第70回兼題「紫陽花」結果
夏井いつき先生選

紫陽花や白磁の壺の口狹し
(あじさいやはくじのつぼのくちせまし)
「人選」


20140629-2.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

平成26年度 第1回 ぶんきょう俳壇「躑躅」

平成26年 第1回 ぶんきょう俳壇 6月25日発表
佐怒賀正美先生選

躑躅山飛び来る虫に道譲る
(つつじやまとびくるむしにみちゆづる)
「入選」


20140626-1.jpg
(文京区/根津神社)


2014年4月末頃の作品。


根津神社のつつじ祭へ行った時、蜂さんがたくさん飛んでいて怖かったので、
蜂さんへ道をお譲りしたと言う事実。。。
ただそれだけの単純な内容の句。

時間が経ってから読み直すと、恥ずかしくなる自分がいる・・・。
推敲って大切かも、って思ふ。


20140626-3.jpg


20140626-2.jpg


出番がなくて、眠っていた写真を掘り起こしてみた。
結構、たくさんツツジの写真撮ってみたい。。。
まだまだあるけど、いつ出番が来るのやら・・・。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

早起き

早朝の弁当ふたつさくらんぼ
(そうちようのべんとうふたつさくらんぼ)


朝練があるということで、お弁当を作るために4時30分起き。
これでは、サッカー観戦の皆さんと同じ・・・。

掲句は、取り合わせのつもり。。。
かなり離れすぎ?
ちょっと意味不明?

昨日、山形のさくらんぼが届いた。
お弁当にたっぷりさくらんぼを入れておいた。。。
お弁当は、実際は3つだけど字数を合わせるためにふたつに。。。
ふたつとさくらんぼの形状と・・・。

ふっ・・・、早起きして、思考回線がまだうまく繋がっていないみたい。。。


20140625-1.jpg

こんな大きなさくらんぼだと、可愛さもなくプチトマトみたい・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

6月19日 読売新聞 編集手帳から

おたまの日課に、子どものために読売新聞の編集手帳を切り抜く仕事があります。
(子どもにさせればいいのに、過保護な親を演じています・・・)

日課なので、毎日切り抜きたいのですが、3~5日分ぐらいまとめて切り抜いたり・・・。

6月19日の編集手帳に興味のある文章が載っていましたので、その部分を転機します。

夏目漱石は俳句を饅頭(まんじゅう)にたとえた。『文学論』に書いている。〈饅頭の真価は美味にあり。その化学的成分のごときは饅頭を味わうものの問うを要せざるところなり〉◆饅頭は食べてうまければ十分で、成分を解析する必要はない。俳句の鑑賞も同じで、こむずかしい理屈や解釈は無用、美味を堪能すればいいのだと、と。・・・・(日本人のサッカーゴミ拾いの話などへ続く)

俳句は、食べて美味しいかまずいかなのか~~。

俳句を読むとき、好きとか嫌いとか、フィーリングが合うとか合わないとかで読んでいることが多い。
これは、間違っていないことなのだと理解出来た。

しかし、勉強中の者にとっては、それ以上に「季語は?」「切れ字は?」「この言葉の意味は?」「活用間違ってない?」「助詞どうだろう?」「五七五になっている?」「文語・口語?」・・・など気になることがいっぱいあるのが現実。

まんじゅうの成分を解析する必要もないところまで登りつめることができるのはいつのことなのだろう~、って、この記事読んで思った。。。
きっと、まだまだ先のことだと思ふ。。。


俳句てふまんじゅうを食ぶ梅雨曇
(はいくてふまんじゆうをたぶつゆぐもり)


20140624-1.jpg




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

白鷺

愚陀佛庵インターネット俳句句会 2014年5月末締切分結果

白鷺や影を友とし田に立てり
(しらさぎやかげをともとしたにたてり)
「秀逸選」


20140624-2.jpg
(上野・不忍池)


2句秀逸選を頂きました。
そのうちの1句です。
ありがとうございました。

写真は、コサギくんでしょうか?


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

昼顔2

愚陀佛庵インターネット俳句句会 2014年5月末締切分結果

昼顔やサラリーマンにも昼の顔
(ひるがおやさらりーまんにもひるのかお)
「秀逸選」


20140622-1.jpg
(文京シビックセンター26階展望フロアーから)

初投句でしたが、秀逸選ありがとうございました。
2句秀逸選を頂きました。
そのうちの1句です。

愚陀佛庵インターネット俳句句会は、
愚陀佛庵の館長の八木健先生が選句してくださいます。
特選受賞句には選者の八木健先生デザインの「ハイクアート」が添えられて発表となります。

俳句をはじめた2月から、ずーっと気になっていたのですが、
あれこれ手を出すのはどうかと悩み、眺めるだけにとどめていました。

5月に、雑誌も始めようと思い立ったのを機に、
この愚弥佛庵にも投句することに。。。


今回、愚弥佛庵に参加して、
投句先に合わせて、いろいろな詠み方をしている自分がいる・・・、
そんなことに気がつきました。

まいまいクラブは、写真の中に自分をどっぷり入れて詠み、
俳句ポストは、まず兼題を調べて、その兼題の中へ自分を置いて、
「リアリティ、オリジナリティ」と呪文のように唱えながら詠み、
この愚弥佛庵は、視覚的にイメージが湧くように、映像を追い求めて詠む。

まだ、作風が決まったわけではなく、色々な方向性を試してみたいおたまには、
どれもよい勉強の場となっていると思います。


俳句をはじめてから、選に入ったの、選外だったのって結果ばかりを求めている自分がいました。
これって、間違っていると思うのです。
色々な詠み方をしてみると、結果より詠む過程が大切だと言うことに気がつきました。

しかし、矛盾しているけど、選んで貰えると嬉しい自分もいます。。。
そう考えると、人間の欲って果てしなく変・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

青梅

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
6月5日正午~6月12日正午受付分

青梅や餌にも成れずに落ちにけり
(あおうめやえにもなれずにおちにけり)
「選外」


ケータイ写真俳句0612締切_丸山清子
(光源寺/駒込大観音)

今、読み直してみて気がついたのですが、切れ字がふたつあった・・・。
お恥ずかしい話で証拠隠滅したいのだけど、
勉強中の身として恥も勉強の内・・・。

この句を作った頃、角川俳句6月号で「切れ字」の勉強をして、
切れ字切れ字と思いながら作ったので、欲張りすぎちゃったみたい。

それにしても、何で、投句前に気がつかなかったのだろう。。。。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句ポスト 第69回兼題「蛍」結果

ほうたるや雫が下駄へ落つる音
(ほうたるやしずくがげたへおつるおと)
「並選」


20140620-1.jpg
(光源寺/駒込大観音)

光源寺にほたる草があるということ、今まで知らなかった・・・。


それにしても、どうして「雫の」としないで「雫が」としたのかと思う・・・。
「~が」嫌い。。。

今日のおたまなら、「ほうたるや下駄へ雫の落つる音」としたと思う。
と言っても、並は並か~。

おたまなりの自信作が残りの作品にあったのだけど、
オリジナリティ、リアリティ不足なのかしらん。
ふ~っ。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

緋目高

緋目高やビルの谷間にある呼吸
(ひめだかやびるのたにまにあるこきゆう)


20140619-1.jpg
(不忍通)

この桶の中に、夏がいっぱい・・・。
とても風情のある景色と思って撮影。

しかし、水に映り込んでいるのは、ビル。
(実はマンションですが。。。)

東京の現実です。


もう1句。
緋目高や冷めた目で見るビルの空
(ひめだかやさめためでみるびるのそら)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

写真とコトノハ展 vol.8

六月の地下道の珠輝けり
(ろくがつのちかどうのたまかがやけり)

20140618-1.jpg

yuhki様たちが開催されている写真とコトノハ展を、
6月15日の日曜日、見に行きました~。

写真は、地下鉄馬喰横山駅の通路。

皆様、ブログで拝見している雰囲気そのままで、
これだけの作品が一堂に会していると圧巻です。

実は、ブログを眺めているだけで
この出品者のどなたともお顔合わせした事がありません。
でも、毎日のように覗いているブログの方たちなので
お友達のように眺めました~

お名前が初めての方もいらっしゃったり、
また、写真だけではなく、絵、書道などもあって、
かなり強い刺激を受けて帰ってきました。


写真とコトノハ展 vol.8
詳しくはこちら
http://yuhkiwind2.exblog.jp/19816518/


いつもの事ですが、この時期、頭痛が頻繁で、
三日月座までは、どうしても辿り着きませんでした。。。
(ごめんなさい・・・)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

ほおずき千成り市/駒込大観音光源寺

梅雨晴間祭の準備始まりぬ
(つゆばれままつりのじゆんびはじまりぬ)


ほおずきは、秋の季語ということを知りました。
「梅雨晴間」「祭」では季重なり。
まっ、今回はお知らせなので、皆様、大目にお願いします・・・。

20140617-1.jpg

東京都文京区の光源寺で毎年7月9・10日に開催している「駒込大観音ほおずき千成り市」の準備がはじまりました。

この期間は、1回のお参りで観音様のご利益を四万六千日分いただけるという有り難い縁日です。
ほおずき販売の他、手作りの出店がたくさん並びます。
年々、賑やかになってきていると思うのはおたまだけでしょうか。

浅草のほおずき市とは、雰囲気が全く違います。
結構ローカルでレトロなほおずき市です。

アルコールも焼きそばや焼き鳥もあるので、夕涼みしながらお参りにいらっしゃいませんか。

20140617-2.jpg


駒込大観音光源寺
東京都文京区向丘2-38-22
TEL 03-3821-1188


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

植田2

俳句ポスト 第68回兼題「植田」結果

大植田日月星と家二軒
(おおうえだにちげつせいといえにけん)
「人選」

夏井いつき組長に「人」に選んでいただいた2句の内の1句。
今回、2句も人選ありがとうございました。

しかし、「日月星」って、作ったとき何て詠んだんだろう。
「にちげつせい」と詠んで中7にしたつもりと記憶(結構曖昧)。。。

「ひつきほし」の読みが一番好きだけど、字足らず・・・。
「じつげつせい」だと、音が嫌い・・・。
「にちげつせい」と読んだと思ふ。。。

こんなに時間がたつと、
自分がしたことなのに思い出せない。。。

と言うことで、イメージは湧くと思いますので、読みは皆様へゆだねます・・・。


20140613-2.jpg
(文京区/白山神社)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

父の日

亡き父の思ひ出の数夏落葉
(なきちちのおもひでのかずなつおちば)

20140613-1.jpg
(光源寺/駒込大観音)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

桜の実

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
5月29日正午~6月5日正午受付分

桜の実人こひ初めし指の先
(さくらのみひとこひそめしゆびのさき)
「選外」

ケータイ写真俳句0605締切(丸山清子)

大高翔先生に「「人こひ初めし指の先」の初々しさも魅力的」と一言をいただきました。
ありがとうございました。

ところで、この句は、島崎藤村の「初恋」から。
でも、この藤村の詩の内容って初恋なのかなぁ~。

かなりどきどきの恋のような気がする・・・。

と言うこの句も、どきどき・・・の、つもり。。。。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

植田

俳句ポスト 第68回兼題「植田」結果

山出でて植田の水となりにけり
(やまいでてうえだのみずとなりにけり)
「人選」

夏井いつき組長、ありがとうございます。
今回、2句も「人」に選んでいただきました。
そのうちの1句です。

20140613-3.jpg
(文京区根津神社)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

今さら母の日

母の日の口伝伝承カレーライス
(ははのひのくでんでんしようかれーらいす)

もうじき父の日だっていうのに、
こんな句思い浮かんだ・・・。

字余りだけど、なかなか良い出来だと我ながら思う。。。


娘 「母の日だからお母さん休んでいて」
娘 「ところで、カレーライスってどうやって作るの?」
母 「カレーライスってね・・・(省略)」

結局、休めない母。

と言う我が家には、娘がいない・・・(悲)
完全なる妄想の世界でした。

20140611-1.jpg
(森鴎外記念館近く藪下通)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句とブログ

俳句をはじめて、5ヶ月目に突入しました。
ここまで、ご指導・ご意見をたくさん頂き感謝しております。

俳句を開始してから、出来るだけ毎日、ブログupすることを楽しんできましたが、
このところ、ポツポツとブログupを休む日が出てきました。
これは、俳句熱が冷めたからではありません~

夏井組長に惹かれて始めた俳句なので、まつやまの俳句ポスト365の参加は今後も出来る限り休みなく続けたい。

それ以外に、雑誌も初めてみようかなぁ~って思い、5月に俳句α(これは年間購読申込完了)、角川俳句、俳句界を購入(角川俳句と俳句界は、様子見なのでそのうちどちらか一本に絞る予定)。

と言うことで、出来立ての俳句をブログにupしてしまうと、雑誌に投句できる俳句がなくなってしまうため、今後は、結果を中心にブログ展開しようかなぁ~って考えました。

20140610-1.jpg
(光源寺)

雨だれを写真に納めたくて、頑張りましたが、
カメラが悪いのか、腕が悪いのか・・・。
ポツポツという雨だれが撮れませんでした。
結果、このような写真になりました(悲)。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

昼顔

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
5月22日正午~5月29日正午受付分

昼顔や雲の重さの上瞼
(ひるがおやくものおもさのうわまぶた)
「銀賞」

ケータイ写真俳句0529締切_丸山清子

【大高翔先生の選評】
「昼顔」の小さく淡い花弁が、「雲の重さの上瞼」との取り合わせで、やわらかさに実感がでます。
「雲」の「重さ」だけでなく、質感や色もリアルに感じられそうな表現です。


まさか、佳作より上を頂けるとは考えていなかったので、
今回の銀賞はとても嬉しい~。

いつも、選外でも上に表示されるように(先着順の表示なので)、
受付始まってすぐに投句することだけを心掛けていた。
いつでも、選外のつもりで投句・・・。

今回は、参加するって言う努力の積み重ねの結果かも。。。

しかし、実は、この句は、昼のけだるさを詠んだもの。
それに見合う季語を探した・・・。
藤田湘子先生の俳句20週入門に頼って詠んだ句。。。

でも、俳句とは、読み手それぞれの捉え方があってよいのですよね。
大高先生、素敵な捉え方をありがとうございます。

雨はすごいし、今週末、俳句ポストの「紫陽花」と俳句αの3句、
こちらも、参加するためにも頑張らねば・・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

紫陽花と猫

紫陽花は失恋の花猫の背ナ
(あじさいはしつれんのはなねこのせな)

20140606-1.jpg

春の恋を思い出しているのかしら~。

そういえば、この白山神社、猫が多い。。。


20140606-2.jpg
(文京区 白山神社裏手より)

昨日のプレバトで、名詞を3つも入れたらもったいないと夏井先生が言っていた・・・。
だとすると、これは、もったいないのオンパレード。
推敲、推敲・・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

五月雨

サイフォンの音聞こえぬ日五月雨
(さいふおんのおときこえぬひさつきあめ)

20140605-1.jpg

「音消さるる」か「音聞こえぬ」か悩む。
主語がおたまなら「音聞こえぬ」だろうって思う。
でも、雨の音を強調したかったら「音消さるる」

悩みの俳句続き。。。

梅雨はその時期で、五月雨は雨自体を言うらしい。


東京もそろそろ梅雨入り。
五月雨とは、ちょっと気が早かったかなぁ~

真夏日続きに疲れていたので
涼しくなるのは歓迎だけど、
傘を差して歩くの嫌い・・・。
だから、梅雨は大っ嫌い。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

枇杷熟るる

太陽の熟るるがごとく枇杷熟るる
(たいようのうるるがごとくびわうるる)

2014604-1.jpg

この句、おかしい・・・と思う。
枇杷の熟るるごとく太陽熟るるならわかるけど、
太陽の熟るるごとく枇杷熟るるでは・・・。

語順を入れ替えると、どうしても文字数が合わない。
今のおたまには、ここまでしかできない。。。。

そこは初心者。
恥も外聞もなく、問題を抱えたままupします・・・。

千駄木は、枇杷の木が多かった地域。
でも、最近は、お家の立て替えに伴い
年々、枇杷の木が少なくなりました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

七夕の里 おごおりで「七夕俳句」募集中

このブログに、福岡県小郡市の地域ポータルサイト「おごおり探検隊」七夕企画担当様よりコメント頂戴いたしました。

そのコメントによると、小郡市に「七夕神社」という古い神社があることから、
地域活性化活動の一つとして七夕にちなんだ俳句募集事業を毎年行っているそうです。

投稿された俳句はコンテストにて入選句(小郡市長賞・他)には、
賞状と副賞があるそうですよ。

この企画は、今年は第4回目だとか。

20140603-1.jpg

おたまにも、七夕の俳句を詠む楽しみがひとつ増えました。
七夕となると、年齢層によって詠む内容がかわるのかなぁ~。

おたまは、ン十年若返ったふりして、
もの凄くロマンチックな俳句詠んでみようかしらん・・・。


★詳しくは「七夕ぼん」へ
http://tanabatabon.ogori.net/

「七夕ぼん」をよく見ると、願い事を書いて送ると、
ボランティアの方々が短冊に書き写し、
七夕神社に奉納してくださるそうです。
もし、俳句が浮かんでこなかったら、願い事を送るのもいいかも。

「俳句がサクサク浮かびますように・・・」って。

20140603-2.jpg

20140603-3.jpg


★小郡市民ポータルサイト
おごおり探検隊はこちら
http://home.ogori.net



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

第30回文京あじさい祭り

文京花の五大まつりの一つ 文京あじさいまつりが白山神社で始まります。
開催期間は、2014年6月7~8日、14~15日。

あじさい祭り期間は、出店があったり、催し物があったり・・・。
相当の人出があるのでその前に紫陽花を撮影と思い、熱い中、白山神社へ。

20140602-1.jpg

20140602-2.jpg

期間中は、境内にある紫陽花以外に、鉢植えの見事な紫陽花も並びます。
(本日は、まだ準備されていませんでしたが・・・)

しかし、真夏日の続く境内の紫陽花は、暑さにやられてかなり萎れていました。
来週あたりが見ごろだと思いますが、少しでも雨が降ってほしい。。。

20140602-3.jpg

紫陽花や雨を願ひて空仰ぐ
(じさいやあめをねがひてそらあふぐ)

白山神社
東京都文京区白山5-31-26
都営三田線 白山駅 歩3分 
営団南北線 本駒込駅 歩6分

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学