Category俳句(2017年4月) 1/8

あかぼし俳句帖 五巻

『あかぼし俳句帖 五巻』を読了。読み終えて、句会に持って行ったら、続きを楽しみにされていらっしゃる方が。スイちゃん、よつゆさんと赤星さん、吟行をしますね。スイちゃんの俳句に対する迷い、分かるわかる。。。五巻で気になった俳句はこれ。十三音なのに、奥が深い。    星があって男と女  種田山頭火雑誌の連載は終わって、このコミック本も六巻で終わりと言うから寂しい・・・。...

  •  0
  •  0

正岡子規から俳句甲子園まで

かなり前のK氏のブログで、NHKカルチャーラジオ 『文学の世界 俳句の変革者たち―正岡子規から俳句甲子園まで』というムック本とラジオ放送のことを知りました。興味があったのに雑用に紛れて、すっかり忘れていたんです。それが、先日、H子ちゃんのブログにそのことが書いてあって、聴きたいと思っていたのを思い出した。「らじる★らじる」にあるかな? と思って探したら、きちんと過去の放送が聴けた♪radikoだと再聴は...

  •  0
  •  0

蝿生まる

おたまが生活する範囲で、3軒の魚屋がありました。先日、そのうちの1軒が店じまいしていることを知って寂しい気持ちに。。。スーパーで何でも揃う時代、住宅街にある魚屋さんは苦戦していらっしゃいます。店先の下水に魚蠅生る  おたま(清林寺、おたまじゃくしがいました)この魚はぽいと投げられてね、蠅がたかり始めてる、そんな感じかなあ。そうそう、そう言う感じです。。。一句一遊 4月19日(水)...

  •  4
  •  0