愚陀佛庵5月インターネット句会

愚陀佛庵5月インターネット句会結果
選者:八木健先生


入選
特急を待つ間に夕立過ぎにけり


20160630-1.jpg


愚陀佛庵は、3句揃わないと送信できないシステムで、最後の1句として忍び込ませた句。
素直に、八木先生ありがとうございました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句界2016年7月号 雑詠

俳句界2016年7月号 雑詠

父よりも子の靴大き春の土
秀逸(角川春樹先生)、佳作(今瀬剛一先生)

20160629-1.jpg


実は、この句、去年の「お~いお茶」の佳作特別賞「春の泥同じ歩幅の続きけり」とセットの句。
この句は自信がなかったので、秀逸まで頂いてちょっと嬉しいかも。
ありがとうございました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句界2016年7月号 兼題:天

俳句界2016年7月号 兼題:天

風光る水天宮に岩田帯
佳作(田島和生先生)

20160628-1.jpg


「水天宮に岩田帯」と「水天宮の岩田帯」でかなり悩みました。
水天宮に岩田帯を頂きに行ったと、水天宮から頂いてきた岩田帯の差(のつもり)。。。

推敲の跡は、控えのエクセルにも残っていて、エクセルの最終形は「水天宮の」になっている。
きっと、葉書を書く時、「水天宮に」にしたのだろう。

う~ん、こう考えていると、別の助詞、「水天宮へ」の方が動きがあっていいか(笑)・・・。




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学