伊吹嶺 第199回 (2016年1月) HP俳句会

伊吹嶺 第199回 (2016年1月) HP俳句会


見送りに行くだけのこと初電車
並選(坪野洋子先生)


20160130-1.jpg


この句の詠み方って、あの「コンビニに行くだけのことサングラス」と似ているかも?
でも、作者が同じなんだから仕方ない。。。


【国枝 隆生先生講評】
「見送りに行くだけのこと」は、言葉の面白さ、気の効いた言葉、中には人生訓にも似た言葉があるように思えました。

俳句の中でこのような事柄の抽象的な言葉は、作者本人はよく分かっており、作者なりの感動も含めて詠まれていると思います。しかしこの句は意味が分かっても作者の感動が伝わってきません。それは抽象的な言葉のため、言っていることが分かっても読者と共有される感動が見えないからです。作者の感動を伝えるには、具体的な物で具体的な写生で詠むことによる作者と読者が共有できる物が必要となります。そういう意味で私達は非常に難しいことですが、具体的な物を写生することにより、普遍的な感動を伝えるための俳句を作っています。
(複数句についての指摘だったので、おたまの句に対する指摘になるよう文章変えています)


ありがとうございます。
実は、初案「帰る子を見送りに行く初電車」、2案「東京の駅で見送る初電車」でした。
でも、下記の点から作り直しました。
初案「帰る子」が「帰省子」で季語になるのでは?と思ったこと。
初案「見送りに行く」に納得がいかなかったこと。
2案「見送る初電車」では、自分は電車に乗っていないこと。

ご指導ありがとうございます。
もう少し考えてみます。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句界2016年2月号 雑詠

俳句界2016年2月号 雑詠


のんびりな夫の焼きたる秋刀魚美し
佳作(佐藤麻績先生、原和子先生)


無住寺や秋明菊を灯とす
佳作(角川春樹先生、坂口緑志先生)


20160129-1.jpg



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

俳句界2016年2月号 兼題「手」

俳句界2016年2月号 兼題「手」


手の皺も母似てきし鳳仙花
佳作(中西夕紀先生、名和未知男先生)


20160128-1.jpg


この取り合わせ、結構お気に入り。
それも「はは」と「ほうせんか」の「は行音」がお気に入り。
佳作ありがとうございました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学