子規庵 一人吟行2

庵内に入ります。
入庵料は500円。
室内は、写真撮影禁止でした。

糸瓜忌特別展示が開催されていました。
 
第15回特別展   「子規の顔 その2」
9月1日~30日まで

少年期から晩年までの子規の写真資料と浅井忠のスケッチ画、子規自作塑像などがありました。
直筆注釈などもあり、見たり読んだりしているうちに涙が出てきました。
俳句の聖地に今いるんだという感覚でしょうか。
今もあの涙には、それ以上の理由が見つかりません・・・。

子規庵に行った一番の目的は、俳句ポストに投句すること。
頑張って2句手持ちで持って行ったのですが、やはりしっかり吟行句にしようと、それらをバッグから出すことはしませんでした。
庭を眺めたり、文机(複製)で子規のまねをして膝を立てて座ってみたりして、どうにか2句ひねり出しました。


膝たててしばし句作や鶏頭花


20150930-1.jpg
(右の部屋が、子規の終焉の間。文机は複製です。そこに座ってお庭眺めました)


20150930-2.jpg
(終焉の間に続く縁側)


建物を出て、小さな庭を巡りました。
この季節は、糸瓜や鶏頭、白萩やミズヒキ草など秋の草木がいっぱい。
子規の晩年のその姿のままの庭のような気がしました。
(実際は、お庭の手入れの方の思いで、毎年花の位置が変わったり植えてある数も変わるということです。)

室内では感じませんでしたが、庭に出ると電車の音がよく聞こえます。

庭をふらふらしていて、またも、おばさん涙がでてきました。
ほんとなんで涙が出てくるんだろう?


20150930-3.jpg
(鶏頭は十四五本どころではないかも?と、みなさんおっしゃってましたね)


庭では、たくさん写真を撮って、子規庵用の短冊を書くために、また1句詠む努力をしました。
この庭を眺めているとき、1句考えているとき、たまたま同じ時間帯に庵内を見ていらした俳句の?(人生の?)先輩方とお話しすることができました。皆様の俳句に対する思いなどじっくりお話しをさせて頂きました。
12:00で午前の部が終わるのに、それを過ぎてやっと短冊用の俳句を詠んで庵を出ることに。。。


秋澄むや電車聞こゆる子規の庭



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

子規庵 一人吟行1

9月26日(土)、雨が上がったのを確認して子規庵へ、電動自転車で行って来ました。

10:30~12:00までが、午前中の展示時間とあったので、自宅を10:00に出発。
曼珠沙華はすっかり枯れて、萩や鶏頭、金木犀、芒の季節に移り変わっていました。
と言うことで、写真を撮るのに大忙し。
写真撮っていたら、10:30、ゆうに過ぎてしまいました。

子規庵の周りはHOTELばかりで(聞いてはいましたけど、LOVE HOTEL街です・・・)、やはり衝撃でしたね。
でも、そこはおばちゃん、何の躊躇もなくそのHOTEL前に自転車を置いて子規庵に入りました。


20150929-1.jpg


入口では、ボランティアの方が「はい、そこに立って。写真撮ってあげるよ」と写真を撮って下さいました。


日暮里を越えて根岸へ秋の昼


20150929-2.jpg


どちらの写真も、写俳亭みのさんのブログの写真と同じですね。
でも、庵内を撮影出来ないし、もともと狭い家ですからしかたないとお許しください。。。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

「曼珠沙華」まいまいクラブ

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
9月10日正午~9月17日正午受付分
大高翔先生選


曼珠沙華読経たゆたふその庭の
(まんじゅしゃげどきょうたゆたふそのにわの)
「選外」


ケータイ写真俳句0917締切_丸山清子




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学