「秋初め」まいまいクラブ

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
8月6日正午~8月20日正午受付分
大高翔先生選


降る雨の肌に染みゆく秋初め
(ふるあめのはだにしみゆくあきはじめ)
「佳作」


大高翔先生のコメント
「肌に染みゆく」に「秋初め」ならではの季節感がありますね。
季節の変化を敏感に感じ取る感性が活きています。


ケータイ写真俳句0820締切_丸山清子


翔先生、ありがとうございます。

1週間のお休みがあって、すっかり投句を忘れていました。
だから、締切の木曜日の朝あわてて詠んだ句です。
偶然、雨が続き肌寒く、すっかり秋の気配に感じました。

でも、組長なら「降らない雨はない」ってツッコみますね、きっと。。。
雨を修飾する言葉を考えて、上5をどうにかしたかったのですが、タイムリミットで投句をしてしまいました~
あと、一晩あったらどうにかなったかも?



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

蟇蛙

蟇蛙の車に轢かれてぺちゃんこの死骸を見た。
おなじ亡骸を、4日間も。
可愛そうに、と思いつつ、その場は目をそらして足早に通過。
5日目の朝は、いなくなっていた。。。

蟇蛙の死骸など、、、と思いながら、その光景を1句詠みたくなった。
蟇蛙と俳句をいろいろと調べていたら、蟇蛙の見てくれがあんななので詩情性がなく、詠む人が少ないと書いていある文章に出くわす。
確かに、ごつごつで可愛くもない。。。
ましてや、車に潰された死骸なんて。。。

そこに来て、角川9月号に面白い記事が・・・。
岸本尚毅さんの連載の「こだわりの俳句講座」。
今回は、選句について書かれている。
その中に、「蠅」の句を例に書かれている箇所があった。
 ・・・・・・・。
 ・・・・・・・。

このあたりを書きたいと思っていたけど、まとまった時間がなく書けずに数日。
いつまでたっても、ブログがUp出来ないので、詳しくは「俳句9月号」を御覧ください(笑)。



20150828-1.jpg



どうにか蟇蛙の句が完成。
出来上がった蟇蛙の句は、まいまいクラブに投句しました~
ちなみに、蟇蛙は夏の季語です。
まいまいクラブは、タイムリーな内容でないとダメなのは重々承知での投句となりました~
選ばれれば、勿論嬉しいけど、あそこは、おたまの記録としての場所なので、没でもいいのよね・・・。




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

「硬」一句一遊

一句一遊 兼題「硬」結果
夏井いつき先生選
南海放送ラジオ放送
2015年8月26日(水)放送


反抗期桃の中には硬き種
(はんこうきもものなかにはかたいたね)



■朧庵落書き俳句ノートより(記載ママ。いつも聞き書きありがとうございます)
同じく桃が出てまいります。下町お玉の一句
◇反抗期桃の中には硬き種 下町お玉/ねえ、これ、お玉、反抗期の子ども持ってるんでしょうかねえ


20150827-2.jpg



昨日に続いて、またまた息子ちゃんの出番となりました~
昨日書いた通りの息子です~



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学