レッスンバッグ

先日、従姉妹からバッグをもらった。
プリントの絵も、バッグも従姉妹の作品。
俳句用にバッグが欲しかったので、これは本当に嬉しい♪


20170823-1.jpg


先日、このバッグを持って、深川あたりの芭蕉コースを吟行。
吟行とは名ばかりで、ブラタモリのようなお散歩?、遠足?みたいになりました。
俳句の事なんて忘れて、花を見て愛で、蝶や蜻蛉を見つけては愛で、芭蕉の残した足跡を歩いて感動し・・・。
これは、これで楽しかったです。
句材はいっぱいあったので、これから俳句詠み込まないと!


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

類 句

あわや類句の話。

17日締め切りのネット句会用に俳句をまとめていた時の話。
6句投句予定のうちの1句がこれ。

刃先まで見つめられゐて西瓜切る  おたま

子供が小さかった頃の事を思い出して詠んだ。
固唾をのみながら見つめる子供たち。
あれが大きい、こっちが小さいなどしっかり見ている子ら。
我ながら、すごく良い出来と。


20170821-1.jpg


それが、NHK俳句8月号掲載句に「あっ!」と、大声をあげてしまった。

三人に見つめられゐて西瓜切る   岩田由美


暦の上では秋になったので、ひらのこぼの歳時記をペラペラしていると、こちらにも同句が掲載されているのを確認。
五音違うので、これはこれでOK? と、何度も思ったけど、
「これはダメよ、おたまさん」と、自分で制する事に。


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

スマホにおさめ

NHK俳句「夕焼」の回。
選者は高柳克弘さん。

入選句の中に「スマホにおさめ」と言う言葉があった。
あぁ・・・、この言葉を知って胸にずっしりくるような、そんな気持ちになった。


20170818-1.jpg


今まで写真を撮ると言う行為については、
「写真を撮る」「シャッターを押す」「カメラに撮る」ぐらいしかボキャブラリーがなかった。

「スマホにおさめ」、この柔らかい言葉。
この「おさめ」が、スマホだけでなく、自分の胸におさめると言う感じもでていて、いいなぁ~と。


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

距離感

7月の主宰のご指導句会の時、「牡蠣にレモン滴らすある高さより  正木ゆう子」の話があった。
低くもなく高くもなく、この「ある高さ」がよいと・・・。

その日の句会後、カフェが満席だったので居酒屋へ。
なんと1杯目の生ビールが100円のサービス。
お茶をするより安上がり♪

その時、唐揚げを頼んだ。
檸檬を搾ってくださった方が、檸檬の汁をピッと飛ばしたので、おたまはすかさず「ある高さが大切」と言ってしまった(スミマセン)。
でも、この「ある高さ」って、こんなかしら? あんなかしら?、と思ってしまう。。。


20170817-1.jpg


その句会より数日後、8月号のNHK俳句に「細見綾子」の句を見つけた。


藤はさかり或る遠さより近よらず   細見綾子


この「或る」も、遠いと言いきらず、近いと言わず「或る遠さ」がいいのか。

今までに細見綾子の句で距離感の気になった句がいくつかある。

  鶏頭を三尺離れもの思ふ    細見綾子
  寒卵二つ置きたり相寄らず     〃

「距離感」、今度はそのあたりも気にしてみようと思う。


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

 菜虫 

子どもらの声なく菜虫太りゐる


20170815-2.jpg


いつも覗いている学校の菜園。
夏休みは子どもがいないので菜虫の好き勝手に・・・。

  「あのー老人だけの村というそういう感じでしょうかねえ」
  この組長の解釈も素敵。
  ありがとうございます。


一句一遊 8月10日(木)水曜日のお残り


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

第7回「瑞枝賞」

この「瑞枝賞」は、会員のみが対象。
「栴檀集」に掲載された作品から選ばれる。
①2016年に欠詠がない②新しい味がある③詩情がある④写生がある⑤季語が効いている。


20170816-2.jpg


推薦5句に選ばれましたが、そこでまで。


 ハチ公の尻尾に凭れ白日傘


選考委員のご意見が栴檀誌に掲載されていました。
「取り合わせが新鮮。洒落た詠みぶり、ハチ公の尻尾に写生と俳諧味。」

結局ですね、同人さんがいないこの賞も推薦5句どまりでした。
つまり、同人さんがいらっしゃってもいらっしゃらなくても、まだまだと言う事ですね。
でも、推薦5句、とても素直に喜んでいます。
ありがとうございました。


と言うことで、今年の大会の賞は、かすりつつも頂くことは出来ず。
来年こそは!と頑張ることに。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

第7回 「万朶賞」

「万朶賞」は、結社誌に掲載された自分の句から良いと思うものを20句を選んで応募するもの。
自選眼を養うのが目的らしい。

去年は、1年間で36句掲載して頂いていたので、もちろん応募参加。


20170816-3.jpg


賞に入ることはなかったが、
応募作品より注目した句として1句掲載して頂いた。


  ハチ公の尻尾に凭れ白日傘


こちらも、同人さんと同じ土俵。
駆け出しのおたまには、まだまだの感が・・・。

今年は、去年の掲載句数におよばないかも?
でも、今年は今年で頑張っております。
数より内容で勝負?



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学