FC2ブログ

初暦

20190123-1.jpg


この暦の9月におたまの句を載せていただきました。


一度は壁にかけたのですが、書き込みをされたら困るのではずしました。
おたましか見ない場所にかけ直そうと思っています。
と、考えてもうじき1ヶ月経ちますね。
このままでは、壁にかえることなく1年が終わってしまうかも~


初暦知らぬ月日の美しく   吉屋信子
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

ブックカバー

20190121-1.jpg


角川第5版の俳句歳時記にしているブックカバーです。
角川俳句歳時記の新版は、持ち歩くことを考えて文庫本サイズで揃えました。
「新年」も購入したので、全部揃ったことに。

このブックカバーの猫ちゃん、1匹の猫ちゃんだけが色が違う。
ここがポイント!
可愛い!!


きつちりと脚ををさめてかまど猫   櫂 未知子
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

初句会

俳句の講座はすでにありましたが、句会としては本日が初日。
いやいや、メール句会、メール・LINEで俳句イベントがあったので、そちらを初句会と言いましょうか。。。


20190119-1.jpg


お講座が3月で終わってしまいます。
4月からは句会1つが残るのみ。
だから、4月からの楽しみ方を模索中。
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』

神野紗希さんが2017年1月1日から1年間、愛媛新聞に執筆した連載したコラムに資料写真などを加えてまとめた一冊。
『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』。
1月6日、第34回愛媛出版文化賞(公益信託愛媛出版文化賞基金、愛媛新聞社主催)の大賞受賞。
おめでとうございます!


20190117-1.jpg


伊集院 静さんの『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上下巻)を読んでから、子規と漱石の関係がうらやましく・・・。
それを、俳句という観点から肉付けしてくれるような内容の本。


鐘つけば銀杏散るなり建長寺   夏目漱石
柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

月と季節の暦

20190115-1.jpg


20190115-2.jpg


己亥年(2019年2月5日~2020年1月24日)の月と季節の暦。

月の出と入、月齢などが書かれている。
月暦では2月5日~が正月。
まだ、使えないので、眺めて楽しんでいます。
二十四節気、七十二候も書かれている。
(これは先日習ったばかりなので興味津々!!)

2月5日~は、月を中心に空を眺めることにしませうか。。。


何時の間に冬の月出てゐる別れ     稲畑汀子
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

皸(あかぎれ)

20190113-1.jpg


抽斗に皸軟膏潰れをり    おたま
NHK文芸選評 1月12日(西村和子先生選)
兼題:皸
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

お雑煮

20190110-1.jpg


雑煮椀光のごとく花かつを   下町おたま
ラジオまどんな 1月7日特選(神野紗希先生)
兼題:雑煮
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学