FC2ブログ

福島の大根

毎年、この時期になると大観音の前で福島の大根が売られています。
檀家さんがお育てになった大根とか。


20181112-1.jpg


おたまは、八百屋さんに先に行って帰りに買おうと思っていたのですが、何と大失態!
八百屋さんで大根を買ってしまいました。
写真は、八百屋さんへ向かう前に撮影。
太くて瑞々しくて・・・。
それなのに・・・。
毎年、買っていたのに申し訳ない・・・。
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

くわりんの実

今日は、花梨の木のお写真のみ。


20181109-1.jpg


たくさんの実を付けています。


榠櫨の実/花梨の実/唐梨/海棠木瓜
晩秋
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

初時雨

昨日の11月7日は、立冬。
とても暖かい立冬でした。

既に、月曜日から歳時記は冬に変えて持ち歩いています。
少しでも季節先取りしないと・・・、そんな気持ちから。
裾野俳人の端くれとして・・・。


20181108-1.jpg


こちらは、初時雨に濡れた南天の実。
だいぶ、赤くなりました。


実南天枝伏するほど赤しあかし   おたま
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

胡桃

俳句投句生活を戻そうと、11月4日締切の一句一遊にメール投句から再出発。
11月5日6日と、久しぶりに10:00~の一句一遊をきっちりと聞きました。
組長お元気そうで何より。
正人さんのスピードも変わらず。
10分弱、楽しい1日の始まりと思った瞬間。


11月5日のお昼、ラジオまどんな(兼題:胡桃)を投句。
17:00~、こちらもラジオをしっかり聞きました。

少しずつ以前の俳句投句ぺースを戻そうと思った日でした~


20181107-1.jpg


右手にペン左手に胡桃夜の重し   おたま
ラジオまどんな(神野紗希さん選)
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

練馬区俳句連盟 第63回秋の区民文化祭 俳句大会

先月の話です。
10月14日、練馬区俳句連盟 第63回秋の区民文化祭 俳句大会に参加しました。
特別選者は池田澄子さん。


20181106-1.jpg
(お写真はお借りしました)


大会には、おたまを入れて四名で参加。
投句後、みんなでランチを食べてからの大会。
会場では、先日の「あなたの駅前物語」でお会いした方。
いつき組の方。
いつき組のお友達を通してお友達になった方。
たくさんのお知り合いにお会いすることが出来ました。
この俳句を通してのお友達が、今のおたまの宝です。

2句投句して互選は、そこそこ。
2句のうち1句、池田澄子さんの入選を頂きました。


パソコンの青々灯る夜業かな   おたま(池田澄子さん入選)
青空は何も語らず野分後       〃


今、気がつきましたが、足立俳句大会にも練馬区俳句連盟にも、おたまの俳句には「青」「青空」がありますね。
おたまの今のブームは「青」なのかも(´∀`*;)ゞ。
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

足立俳句連盟秋期俳句大会

11月3日の文化の日、足立俳句連盟が主催する秋季俳句大会(第138回)に参加。
特別選者は、上田五千石(「畦」創刊主宰)の長女で後継者の上田日差子「らんぶる」主宰。

わくわくで参加して、参加者150組投句総数300句。
その中で総合5位「文化団体連合会賞」を頂きました。


  青空の形ととのふ松手入     おたま
  鼻歌はいつもユーミン葱刻む    〃


20181105-1.jpg


特別選者の上田日差子さんに、入選ですが2句採って頂きました。
ありがとうございました。

夜は、大会に参加出来なかったお友達を交えて乾杯?
文化的な生活ができた一日でした。
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

衣更え

まだ、衣更えが半分しか終わっていない。
こんな時、頼りになるのがユニクロさん。
たぶん、衣更えが終わるとセータやヒートテックが山と出てくるのだと思うけど、
まだ秋物・冬物が箪笥に行き渡っていないので、すぐ着るためにと、ついつい買ってしまう。

今日は、残り半分の衣更えを終わらせるぞ!
おぉ~!!


20181104-1.jpg


きっと、こんなに黒いセータ・白いセータばかりあることよ(トホホ・・・)と言う事になるのかと。
想像がつく悲しさよ・・・。
Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学